ヨコカラログX

より広くより浅くよりテキトーに。

amazon prime 値上げで解約するか考えてみる。

f:id:chhgw435689:20190420232709j:image

 

Amazon primeが値上げを発表したので解約しようか迷っている人も結構いるんでは?

 

まあアマゾンマンセーな俺でもそうなんです。

 

消費税も上がってしまう事だし、値上げブーム到来ってか便乗値上げも流行りそうで出費が増えそうな予感がするのでね。

 

簡単な値上げの概要は?

 

プライム年会費3900円(税込)から4900円(税込)に変更されます。

月払いだと1ヶ月400円から500円に。

 

2019年5月17日以降に適用だってよ。

 

年会費一括で払ってるんで(やっぱり一括が結構辛い)、1000円だから1ヶ月83.3円の値上げになる計算。

 

年会費を自分の小遣いの中から捻出してる身なので、年間1000円たかが1000円、痛いって言えばホントすげぇ痛ぇ~。

 

色んな特典が付いてくるプライム年会費が安かったと言えば安かったので仕方ないって言えば仕方ないと言い聞かせている。

 

俺(43歳、小遣い月1.5万円、ブログ収入平均月2000円)がamazon primeをどの位使ってるか、元を取れているのか?を調べてみた。

 

そんなの興味が無いって?

知らん。

 

 

 

amazon prime Music

 

通勤時に毎日、たまに散歩とかランニングでスマホアプリ経由のBluetoothで聞いてる。

 

prime Musicは100万曲が聴き放題になるサービスで、ラインナップは洋楽がメインって感じ。

意外と聴きたいアーティスト、アルバムが無かったりする。

 

レンタルするのはちょっと?とか、名前だけしか知らないアーティストのアルバムなんかを試しに聞くにはちょうどいい。新しい発見もあるし。

 

ちなみに洋楽、邦楽4000万曲以上聴き放題になるamazon music unlimitedに別途で加入すると月額780円かかる。

 

 

 

他の音楽だけの定額コンテンツだけとなるとdヒッツが月額500円で最安。

Apple Music、GoolePlayMusic、楽天ミュージックなど他のコンテンツは月額980円。

 

amazon prime video

 

週に1回観れるくらいの頻度。

 

約25000本の動画が視聴できる定額動画配信サービスで、実際には見放題できる作品は限られている。

 

新作でもプライム会員費内で見れる作品もあるが、ごくわずか。

 

期間を過ぎると見れなくなる作品や、新作など個別にレンタル費が必要になる作品が多い。

 

店舗でDVDをレンタルすれば、新作1本が大体350円。旧作なら100円で借りられる。

だけど借りて返しに行く手間が面倒だし、見たい映画が貸出中って事もあるのでプライム会員になってからはDVDを借りずにストリーミング配信で見ている。

 

他の動画配信サービスのdTVが月額540円、Netflixはベーシックプランで月額800円、Hulu が月額933円、U-NEXT は月額1990円と高いが、料金内で雑誌70誌ほどが読み放題になっている。

 

 

prime reading

 

適当に雑誌や書籍を家でダウンロードして会社での休憩中に読んでいる。孤独なオッサンの暇つぶしにはちょっといい。

 

漫画、雑誌、ビジネス書、小説、洋書など約900冊。

 

KindleタブレットFireタブレット、Kindleアプリに10冊ダウンロードできるサービスで読める本は随時入れ替わる。

 

またこれもKindle Unlimitedと追加で加入すると12万冊以上読み放題となる。

 

 

配送特典

 

月1回~2回程度。

 

送料無料、指定日配達は本当に便利。

プロテインクエン酸1kgを定期的に、後はiphoneのフィルムや細かい物を買う程度だけど、そこらのベ〇シアやヤオ〇ーや〇エドラック、ヤマ〇電機には置いていない物、そして安くて良い物が買えるで助かってる。

 

 

その他のAmazon primeの特典は?

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

ぶっちゃけ使わない特典の方が多い気がする・・・・。

 

が、何だかんだで元は取れてるし、月400円ならお得感満載ではないか!

 

 

今度の週末、プライムビデオ何観ようかな?

この商品より安いし、レビューが多いから、こっちにしよう!

MuseはOrigin Of Symmetryがベストだな!

 

辞めようと思っていたけど、アマゾンプライム会員になってから楽しみが増えたし、知らなかった映画やアーティストを発見できた。アマゾン生活バンザイってところだが、

 

チェックした関連の商品~

よく一緒に購入されている商品~

この商品のスポンサープロダクト~

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

 

って密林から出れなくなる事多々アリ。

 

 

 

ブラックマンバでマルボロヒートスティックを吸えるか試してみた。

出先や会社ではgloやプルームテック互換品、家ではブラックマンバでシャグを吸い、たまにIQOS互換機でHEETSを吸っている哀れなヤニ厨です。

 

IQOSが故障が多いと聞き、懐にダメージの少ない低価格なIQOS互換機を使っていましたが形ある物の宿命で壊れてしまいました。

 

IQOSあるある。

 

IQOSやIQOS互換機ではやってはいけない、注意しなければいけない、

「掃除してたらブレードが折れる病」をやってしまいました。

 

ブレードが折れると言う事は即ち、御臨終という事になります。

 

 

f:id:chhgw435689:20190410151031j:image

 

余った可愛そうなヒートスティック(HEETS)が俺を見つめるんですよ。

 

 

「使命を全うさせてくれ・・・。」

 

 

本家IQOSを買う?

 

いや、またIQOSパクリ機互換機を買うか?

 

 

今月も、いや、いつ如何なる時も懐に余裕が無いんで、手持ちのブラックマンバでヒートスティックが吸えるか試してみた。

 

ブラックマンバはシャグを吸う為のヴェポライザーです。

 

IQOS互換機が壊れる事を想定して、紙タバコやIQOSヒートスティックをちょん切って吸えるC Vapor 3.0というヴェポライザーを買っておけば良かったと後悔先に立たず。

 

 

HEETSのタバコ葉とフィルターを分ける。

 

f:id:chhgw435689:20190410151044j:image

HEETSのスティックを横から目を凝らして見てみると、黒い部分がたばこ葉なのでポッキリと指で折ることが出来る。

 

茶色いのがタバコの葉でたったコレしか入っていない。

フィルターを半分にして一箱300円くらいで売ってくれないか?モリスさん。

 

 

チャンバーに入れてみる。

f:id:chhgw435689:20190410151102j:image

 

スカスカである。

 

チャンバー全体を加熱するコンダクション方式だからスカスカでも大丈夫だと思うが、

 

f:id:chhgw435689:20190411044934j:image

f:id:chhgw435689:20190411045851j:image

念のため、ヒートスティックのタバコ葉をバラして入れてみると丁度いい収まりになった。

 

吸ってみた。

 

おおっ!

 

ちゃんと吸える。

 

結構ガツンと来るし、煙もちゃんと出てます。

 

f:id:chhgw435689:20190413052717j:image 

吸い殻が全体的に程よく焦げているのがわかる。

 

 

吸い始め、ミントの清涼感が強く広がっていく。

 

後からタバコ風な味わいに変わる。

 

IQOSで吸うより、まろやかな味わいだが、味が薄いって思う人もいるかも。

 

ニコチン摂取量は体感的にIQOSで吸ってるのと同じ感じでした。

 

 

まとめ

 

応急処置と言う事でブラックマンバでもヒートスティックが吸えてHEETS君が無駄にならずにすんだ。

 

シャグ専用機で購入したブラックマンバとIQOS互換機が壊れたと言う偶然が重り、閃いた末、ヒートスティックを切った張ったと面倒だったが、結果オーライと言えよう。

 

 

危うく楽天で半額以下でお買い得感満載なIQOS互換機EFOSをポチりそうだった。

 

 

コンバースオールスターを1足選ぶなら ゴアテックス にすべき。[雨の日に履けるコンバース]

ここ最近のグーグルのコアアルゴリズムアップデートの影響でかアドセンス収入が減った自称ファッションおっさんブロガー改め、タダのキナ臭いおっさんです。

 

収入が減るとブログネタが無くなってしまうなぁと考えていたら、

しばらく放置して忘れていたスニーカーがあったのを思い出した。

 

しかも1万円以上の大金叩いたコンバースオールスターゴアテックス。

 

それはそれは断腸どころか身体が真っ二つな思いで買ったのに忘れていたなんて有り得ない俺。

 

物欲が減らないワケだ。

 

コンバースオールスターは何にでも合わせられるので1足あれば何とかなる。

 

その選ばれし1足をゴアテックスにした。

 

ゴアテックスのオールスターはキャンバス地の物が3足買えるくらいの値段なので、復刻版のCT70を買おうか迷った・・・。

 

だが、ゴアテックス正解だったぜ。

 

 

コンバースオールスター100 ゴアテックスとは?

 

f:id:chhgw435689:20190316174455j:image

 

オールスター100周年記念モデルに防水透湿性素材のゴアテックスを採用したモデル。

 

ゴアテックスとは?

 

ゴアテックス (Gore-Tex) は、アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売する防水透湿性素材です。

 

ゴアテックスは防水性と透湿性を両立させている素材で、湿気は逃すが雨は通さない。

 

 

要するに濡れない、蒸れないコンバースオールスターです。

 

 

 

コンバースオールスターゴアテックスの仕様

 

  • REACTカップインソール、TractionSoleを搭載。
  • 星部分にメタリックプリントを施した新アンクルパッチを採用。
  • ロゴのすり減り軽減コーティングを施したオリジナルヒールラベルを採用。
  • 撥水加工シューレースとコーティングハトメで黒ずみ軽減。
  • フォーム内蔵のメッシュライニングには消臭抗菌加工を採用。
  • オリジナルタグ、カートン付属。

 

まあ、よく見ないと普通のコンバースオールスターと見分けがつかない程のワンランク上の仕様になっています。

 

注意点

ゴアテックスモデルは毎年違うカラーで発売されるので欲しいカラーがあれば購入すべき。

deak grayが欲しかったので速攻で買った記憶があるような無いような・・・?

 

まさに気絶・・・?

 

 

見た目

f:id:chhgw435689:20190316174643j:image

 

ライニング(内側)にゴアテックス、アッパー素材(外側)には撥水加工を施したキャンバス素材を使用しており、フォルムが普通のオールスターより丸くてゴツい。

 

コーティングされたハトメのおかげで靴紐があまり黒ずんでいないのがワンランク上のオールスターの証。

 

ヒールパッチ

f:id:chhgw435689:20190406235532j:image

かなり履いているのにかかわらずヒールパッチの印字が残っている。

さすがコーティングされたヒールパッチだ。

なんともないぜ。

 

 

アンクルパッチ

f:id:chhgw435689:20190406235546j:image

星がメタリックプリントになっていて反射で眩しい・・・てか、言われるまで気づかない仕様になっている。

 

ゴアテックスタグ

f:id:chhgw435689:20190406235557j:image

パッと見、足首のゴアテックスのタグを見なければ普通のキャンバス地のオールスターと変わらないってところが逆にいい。

パンツをロールアップすれば優越感に浸れる。

 

ハトメの穴から・・・。

 

普通のコンバースオールスターだと内側にハトメの通気口があるので不意に水溜まりに入ろうもんなら靴下が濡れてしまう。

 

 

f:id:chhgw435689:20190329044552j:image

その点、ゴアテックスモデルだと通気口が無いので水溜まり程度なら余裕。

 

じゃあシューレースのハトメやベロの辺から水が入るんではないか問題はどうなのかと言うと、

 

f:id:chhgw435689:20190316174710j:image

 

ベロとアッパーが一体式になっていて、外に流れる仕組みになっている。

土砂降りとか、足首まで浸からない限り水が入ってこない。

 

サイズ感。

 

自身、キャンバス地のコンバースオールスターで26.5cmがジャストだけど、ゴアテックスモデルは1cm上げて27.5cmを購入。

f:id:chhgw435689:20190407001116j:image

履き始めは生地とREACTカップインソールの厚み分、横幅が少しキツかったが、履いているうちにだんだんと馴染んできた。

 

100周年モデルがベースなので普通のキャンバス地のコンバースよりも歩きやすく疲れにくく、オッサンの足を優しく包み込んで癒してくれる。

 

 

まとめ

 

コンバースオールスターとくれば、老若男女問わず、どの年代にも支持され、どんなファッションにも合うし、ただ履くだけで何となくオシャレに見えてしまう定番中の定番のスニーカーと言えよう。

 

 

さらにゴアテックスとくれば、キャンバス地の弱点を克服し、一年中あらゆる気候、気温にも適用できる。

 

見た目ローテクだが、中身ハイテクってのが無茶苦茶そそるポイントであるのは言うまでもない。

 

さらに足の蒸れ、疲れ、そしてバッドスメルまでもを軽減してくれるコンバースオールスターゴアテックス。

 

まさしくオッサンにこそ履いて欲しいシューズであると言えよう。

 

 

 

 

 

 

 

US ARMY M-65 フィールドパーカー(実物のリサイズ品)を買った。

 

前にレプリカのecwcsのフリースを買って、

 

side8001.hatenablog.jp

 

やっぱりレプリカはレプリカ。

 

実物、オリジナルの醸し出す雰囲気とかサイズ感、生地の質感、当時の染料の経年変化の何ともいえない色味は出せない。

 

もう製造していない実物はコンディションが良い物はだんだんと減りつつあるし、レプリカはいつでも手に入れる事が出来ると思い、

 

夏以外着れるミリタリー系アウター、M-65フィールドパーカを手に入れた。 

 

 

M-65 フィールドパーカとは?

 

M-65 フィールドパーカは1965年から製造され、ベトナム戦争時1968年辺りからアメリカ軍で配備された防寒用パーカです。

 

 

 極寒気候下でM-65フィールドジャケットに重ねて着用される。

 

 

アメリカ軍が経験したことのない極寒地で、通常の装備の上にレイヤーシステムを作る必要性から生まれたのが「M-51」で、

 

ちなみにM-51はレインボーブリッジを封鎖出来なかった某刑事がレプリカを着ていた。

 

M-51の後継モデルがM-65。

 

M-51がフードが固定されているのに対し、フードが取り外しが出来て、生地がコットン100%からコットン、ナイロン混合になり軽く、撥水性、速乾性,耐久性がアップされたモデルになります。

 

M-51とM-65もモッズコートと呼ばれていて混合されているが、モッズ達が着ていた物がM-51で、後継のM-65が主にフィッシュテールパーカと呼ばれ、某バンドが衣装で着ていたんでセカオワコートとも呼ばれていた。

 

 

 

見た目。

f:id:chhgw435689:20190323222744j:image

なんでしょう、わかる人にはわかるこのレプリカには出せないこの色。

コットンとナイロン混紡のオックスフォード織りの生地。

 

う~ん、すごくいい。

 

コントラクトナンバー

f:id:chhgw435689:20190323222838j:image

首元のタグで本物の軍放出品かどうか確認できます。

  • 製品名。
  • DSA(アメリカ国防補給局予算)1972年製登録、KINGS POINT MFG. CO.,INCが製造、納入した物。
  • サイズがミディアムで丈がレギュラー。
  • 胸囲37インチから41インチに適応。
  • 製品番号。
  • NATO SIZE 身長170~180cm、胸囲94~104cmに適応。

 

サイズはかなり大きい 。

 

フィールドパーカはフィールドジャケットの上から着る為のコートなので、身幅、腕周りがかなり大きいです。smallでも大きいのに購入したのはmediumです。

 

ちなみにサイズにより値段が変わり、小さいほど高価になっていきます。

x-smallなんて幾らするのか見当がつきません!

 

 

自分が購入したのは、とあるショップがミディアムでも違和感なく着れるようにと、肩からアームホールをリサイズ(細く短く補正)した物です。

 

実際のミディアムだとこんな風に腕周りがダボダボになる。

 

f:id:chhgw435689:20190323220122j:image

 

 

ライナー。(インナー)

f:id:chhgw435689:20190323222803j:image

f:id:chhgw435689:20190323222854j:image

つまりは寒い時にシェルの下に取り付けるインナーです。

 

シェルの内側にボタン、ライナーにボタン穴が付いていて、シェルとライナーを合体させれば当時で最強の防寒性を発揮します。

 

ライナーにもちゃんとコントラクトナンバーが付いています。

 

シェルとライナーの製造会社が違うってのは面白い。

つまりはセットではなく、別々で支給されていたって事だね。

 

フードが無い。

 

フィールドパーカなのにフードが無いって?

 

古着屋などでもシェルのみで販売されていたり、ライナー、フードも単体で購入できます。

逆にフルセット(シェル、ライナー、フードの3点セット。)だと値段が跳ね上がる場合が多い。

 

 フード単体だけなら別途購入出来るし、意外とお安いんです。

 デットストックでも4000円くらいとシェルに比べると破格って思ってしまう。

 

 

 

着てみる。

 

f:id:chhgw435689:20190323220201j:image

f:id:chhgw435689:20190323234815j:image

身長175cmで膝上までの丈で、裾の紐を少し絞ってライナーなしで着るとこんな感じで。

 

デカいっちゃ〜デカい。

 

でも着ているうちに最近のオーバーサイズブームに乗っかってミディアムでも悪くないなって。

 

シンプルなコートって感じでパーカーやキレイ目なシャツに合わせるといい感じ。

 

一見、着た感じは重そうに見えるが実はすごく軽い。

 

一日中着ても肩が凝るような事は無い。

さすが軍モノと言った感じ。

 

防寒性はシェルは布一枚だけだからあまりないけどライナーを付ければ最新のダウン系には負けるが、

 

さすが軍モノ、頼りになる暖かさを保障してくれる。

 

 

 

まとめ

 

M-65フィールドパーカって1965年代の物だけど、着てみると何だかシルエットが新しく感じるし、大きいんじゃないって思っていたが、これはこれで何だか良いんじゃないって思えてきた。

 

レプリカのリンク載せてしまってアレだけど、レプリカも結構いい値段するんでオリジナルの古着か?新品のレプリカか?って迷った。

 

どうせなら本物買った方が後々、ビンテージとしての価値が出てくるかも知れないというヤラシイ気持ちで購入したのは言うまでもない。

 

何時か海外スナップやファッション雑誌LEONの様なミリタリー系アウターが似合うシブいオッサンになりたいが、フィールドパーカの下にカーゴパンツや同色のパンツを穿いてしまうと、

 

ガチなマニアな人になるので着こなしが難しい。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ名とアイコンをリニューアル。

気づいてる方もいるだろうか?

いないだろうか?

 

アイコン変えました。

 

そして、

 

ブログ名をヨコカラログXに変えた。

 

Xにしたのは特に理由はないんだけど。

 

真ヨコカラログでも良かったし、ヨコカラログ改、スーパーヨコカラログ、ハイパーウルトラヨコカラログでも悪くなかった。

 

まるまるブログ名を変えるのはceo的にどうかと思った訳だ。

 

 

旧アイコンはジョジョ顔メーカーで作った物を使っていたんだけど、やっぱ誰かと被るんだよな。

薄々感づいていたのでついでに変えた。

 

現状打破
 

最近、なかなか超低な目標である週一更新が出来ずにいた。

 

少なからずブログ収入がジョジョに増えつつあり、一銭も稼げないんではないかと言う不安からの脱出に満足してしまい、ブログを疎かにしてしまった。

 

それじゃいかんと、現実打破すべく、リニューアルな気持ちでブログに取り組み、さらなる物欲、さらなる高みへ、と思った次第だ。

 

なぜ、クラゲ?

 

f:id:chhgw435689:20190314051937j:plain


 

新アイコンは水族館のクラゲって気づいた?

 

アイコン小さいから何か分からなかったって?

 

見てると癒されない?

 

水族館のクラゲの展示は、人気があって多くの水族館で展示されている。

 

水槽も工夫されていて、360度様々な角度から鑑賞できたり、鮮やかなLED照明を使い幻想的な世界を見せてくれる。

 

何考えてフワフワ漂ってるのか気になって仕方ないが、その姿を見るだけで心癒される。

 

まさに自堕落な人生に漂っている俺のように。

 

 

クラゲ鑑賞には癒しによるストレス解消があるらしく、ぺットショップや通販でも観賞用の模造クラゲや飼育用のクラゲアクアリウムが売られている。

 

クラゲに癒しを求めているのは俺だけじゃないってことだな。

 

しかし、俺のブログ収入では本物のクラゲを飼うのは難しい。フェイク品で我慢するか。

 

 

 

 

ソフト99のハイドロフラッシュを買ってみた。[安いコーティング剤オススメ]

洗車は大変だが、終わった後のキレイになった車を眺めながらの一服がすご〜く気持ちがいい。

 

で、翌日に雨が降るなんてよくある事だけども。

 

 

車の洗車に欠かせないのがコーティング剤。

塗装面のツヤ出し、保護するのに使います。

 

 

固形ワックス派だったけど、

 

コーティング剤は、スプレーでシュッとしてサッと拭き取ってパッと超簡単に済ませることができるので手放せない相棒になっている。

 

カーディーラーや、プロのコーティング屋の撥水加工は効果はあるけど、やっぱ工賃高いし、定期的にメンテナンスをしなければならないし、車が汚れたら洗わないといけないし、何だかんだで結局安いコーティング剤で充分だと思ったりするワケです。

 

 

 

 

ソフト99と言うメーカーのSMOOTH EGGの「HYDORO FLASH」なるものが量販店で安く売っていたので購入して使ってみました。

 

f:id:chhgw435689:20190301045416j:image

 

 

f:id:chhgw435689:20190302220838j:image

拭き取りクロス入り。

 

案の定ネットで調べたらやっぱりAmazonで買った方が安かったぜ。クソっ。

 

コンセプト

 

ハイドロポリマーと言う物が被膜を作り、雨水が汚れと一緒に流れ落ちるので雨染みが付きにくいのが特徴。

 

さらに、特殊レベリング剤と言う物がポリマーの隙間を埋め、被膜を均一にキープしてツヤ、輝きがキープできるらしい。

 

全塗装色の車に対応し、コーティング施工してある車にも対応している水性タイプのコーティング剤です。

 

使ってみる。

 

まずは車のボンネットを水洗い。

 

f:id:chhgw435689:20190302213400j:image

 

濡れたままの状態でハイドロフラッシュをスプレーでシュっと。

 

で、拭き取ります。

 

f:id:chhgw435689:20190302213648j:image

f:id:chhgw435689:20190302221222j:image

 

効果の程は?

 シャワーをかけてみます。

f:id:chhgw435689:20190302221200j:image

 

f:id:chhgw435689:20190302221200j:image

f:id:chhgw435689:20190302221328j:image

う〜ん、、、?

シャワーの水では分かりにくいな。

 

 

なので、コップに入った水をかけてみる。

f:id:chhgw435689:20190302221423j:image

f:id:chhgw435689:20190302221358j:image

f:id:chhgw435689:20190302221441j:image

f:id:chhgw435689:20190302221457j:image

f:id:chhgw435689:20190302221513j:image

 

おぉっっ!

どんどん水が引いていく〜!

これは効果あるぞ!

 

撥水性はあるけど、親水性の方が強いって感じ。

 

撥水とは水滴が水玉状になる事で、親水とは水がベタっと広がってから水が一気に引く状態になる事です。

 

 

案の定・・・。

 

洗車して2日後には小雨が降った。

 

まあ、こんな事良くある話だ。

コーティング施工した直後だから雨粒がきれいに撥水している。

f:id:chhgw435689:20190228211520j:image

f:id:chhgw435689:20190302220942j:image

 

この素晴らしい綺麗な雨粒を見ているだけでも洗車して良かったって思う洗車バカです。

 

まとめ

 

こういったコーティング剤は安かろうは悪かろうです。

 

ゼ〇ウォーターとか、スマー〇ミストとか、2000円を超える物なんて使いたくもないわって思うので、

 

ハイドロフラッシュは1000円代のコーティング剤にしてはいいんじゃない?

なんせ拭き取りクロス付きだし。

 

小雨程度では撥水性はあまり感じないけど、大雨なら多少の汚れなら雨と一緒に流れてくれるようで、汚れが付きにくい印象でした。

 

使い続けると効果は持続するみたいなので続いてみようと思う。

 

 

 

 

紛らわしいユニクロU スウェットプルパーカ。

ちょうどいい無地のスウェットプルパーカーが欲しくなった。

 

生地感とか、着たときのシルエット、買い替え出来る値段とか、全部がつり合ってると言うか、ちょうど良くハマるパーカーってなかなか無い。

 

championは刺繍が子供っぽいし、ギルダンはちょっと違うんだよな。

 

1万以上出せば満足できるか?

 

と言えば理想に近い物が買えるけど、小遣いの中でやりくりの身なのでスウェットパーカーに1万以上出す勇気が湧いてこない。

 

気兼ねなくガンガン着れて、ヨレたら躊躇なく買い替え出来る普段着なんだよね、パーカーって。

 

 

買う買う詐欺で2017からずっと見逃していたユニクロUスウェットプルパーカーが今期、2019ssで欲しいと思える感じになった。

 

ちなみに2019SSって2019年のSpring、Summerの頭文字で春夏。秋冬はaw。

 

ユニクロU スウェットプルオーバーパーカ¥3990+消費税

 

地元のユニクロには今までユニクロUのアイテムが無地Tくらいしか無かったんだけど、

 

今回は何と欲しかったプルオーバーパーカーが置いてあるではありませんか!

 

 

f:id:chhgw435689:20190219182834j:image

 

パーカーって伸ばすのか

パーカって止めるのか

 

なのかはっきりしないけど、

 

08DARK GRAYのLを試着。

 

175cm、64kgで少し余裕、この位が上限MAX。

 

 オッサンだから極端すぎるオーバーサイズで着るってのはやっぱ抵抗がある。

 

 

結局、67BLUEのLを購入した。

 

f:id:chhgw435689:20190221054336j:image

 

色が違うんじゃないってのは置いといて、BLUEの色味が好みだったのと、

生地が2019ssから本体綿100%になった。

 

別に綿100%だからって着ても違いのわからない男ですが、

昔に買ったビンテージレプリカのスウェット生地に似ていて、硬くてゴワ感が着込んで行けば柔かくなって、BLUEの色落ち具合がなんか雰囲気出そうな感がある。

 

腹のリブ辺りが太って見える?

 

いずれ馴染めばウエストのリブが伸び、スッキリするだろうと思う。

 

 

 

あれ?

 

f:id:chhgw435689:20190223205001j:image

 

f:id:chhgw435689:20190223212114j:image

 

 

 

ん・・・?

 

2019ssのパーカの商品番号が415504

 

f:id:chhgw435689:20190223205017j:image

 

f:id:chhgw435689:20190223223609j:image

https://www.uniqlo.com/jp/

 

 

 

 

f:id:chhgw435689:20190223205027j:image

f:id:chhgw435689:20190223212210j:image

 

 

買ったのが411591

 

 

 

 おいおい・・・。

 

 

2019ssのパーカ買った気でいたら、

 

 

2018aw、去年の秋冬のパーカだったって言う・・・。

 

 

さらに・・・、

 

f:id:chhgw435689:20190223212242j:image

 

 

 

 

1000円値引き前に買っちゃったって言う・・・。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

違いのわからない男です。 

 

歯車がうまく噛み合わないってこの事かっ・・・!

 

 

 

ブラックマンバを買いました。[蛇じゃないよ、ヴェポライザーだよ。]

ブラックマンバを買いました。

 

ええ、アフリカの毒蛇ではないですよ。

 

 

シャグ(刻みタバコ)を火を付けずに加熱して吸えるヴェポライザー(加熱式タバコの一種)と言う喫煙器具です。

 

以前にハーブスティック エコと言うヴェポライザーを使っていましたが、シャグが入れ辛く、重くて使いづらくメルカリで売ってしまいました。

 

side8001.hatenablog.jp

 

 

side8001.hatenablog.jp

 

Amazonでヴェポライザーを検索してみると、だんだんと進化してるみたいで新商品はどんどん出てくるわ、古い物はより安く買えるようになった訳で気になりだしたら止まらなくなり、

 

4000円? まっいいかって、Amazonでポチっちゃいました。

 

 

 

ブラックマンバの特徴

 

  • 約4000円で買える。
  • 手巻きタバコにしなくてもシャグが吸える。
  • シャグが入れやすい。
  • 喫味がよく出る。
  • 低価格帯のなかでは評判がいい。(5ちゃんねる)

 

と言うヴェポライザーなんです!

 

 

ブラックマンバ到着

 

f:id:chhgw435689:20190211141348j:image

パッケージにブラックマンバがいます。

豆知識として、ブラックマンバ(蛇)の体の色は灰色とか褐色です。

 

 

f:id:chhgw435689:20190211141436j:image

本体はラバーコーティングされており高級感があります。先端のマウスピースは多分プラ製。

 

ブラックマンバ(蛇)がモチーフだけあって他のヴェポライザーとは違い、デザインが素敵。

どっちが頭かわからないが、この形・・・喫煙所では吸えないな・・・。

 

 

スペック

本体サイズ : 幅46mm(太い部分)×長さ146mm重さ:約77g

バッテリー : 1600mAh / オートオフ機能タイマー 5分 / 充電時間 約2時間

電源ON/OFF : 電源ボタンを5回連続押し

電源ボタンを1.5秒以上長押しで、設定温度変更

 

 

セット内容

  • BlackMamba本体(+ガラスステム) 
  • 交換用ガラスマウスステム
  • ピンセット 
  • クリーニングブラシ 
  • 葉詰込み取出し用金具 
  • USB充電用ケーブル 
  • USB充電器 
  • 説明書(英語) 

 

 

f:id:chhgw435689:20190211142721j:image

コンセントからでも充電できるようにプラグが付属しているのはポイント高し。

 

 

f:id:chhgw435689:20190211142736j:image

クリーニングキットとしてブラシとピンセット、シャグを搔き出す棒が付いています。

 

 

f:id:chhgw435689:20190211142755j:image

予備のガラスステム付きなのは親切極まりない仕様です。

 

 

f:id:chhgw435689:20190211141613j:image

プラスチックのマウスピースにガラスステム被せて使い、使用後は外して掃除も簡単に出来るようになっています。

 

 

f:id:chhgw435689:20190211141634j:image

シャグを入れる場所(チャンバー)はセラミック製で汚れが付きにくく、熱伝導率が良いのが特徴です。

 

コンダクション方式(チャンバー部分を加熱する事で、葉に含まれる水分を蒸発させる方式。)を採用。

 

チャンバーの幅は1.7cm×1cmくらいで、ヴェポライザーの中ではシャグを入れやすい部類に入ります。

 

 

 

ブラックマンバを使ってみる。

 

コルツのグリーンティーで吸ってみる事にします。

 

f:id:chhgw435689:20190211155808j:image

シャグをチャンバーに詰めます。

 

指で摘んで入れて、なんとか小指で押し込めますが、ピンセットを使った方がラクかも知れない。

 

f:id:chhgw435689:20190216225824j:image

シャグを詰めたらマウスピースと取り付け電源を入れます。

写真では本体側面の赤いLEDの右に電源ボタンがあります。

 

間違いやすい所として、

 

電源ボタンを5回クリックで加熱開始。

温度変更は長押しです。

 

 

喫煙温度は180℃190℃200℃210℃220℃の5段階で調節出来ます。

LEDひとつ点灯で180℃、5個点灯で220℃になります。

220℃になったらボタン長押しでまた180℃に戻ります。

 

f:id:chhgw435689:20190216225842j:image

電源オンから約50秒でLEDがになると喫煙できます。

 

喫煙時間は5分です。

 

5分過ぎると自動的に電源オフになります。

 

 

吸ってみる。

 

とりあえず190度でイってみます。 

 

 

第一印象はまろやかでシャグの味が優しい。

 

アイコスのような芋臭さが若干あるけどアイコス程ではなく、

紙タバコ特有の臭さや、喉にくるキツさ、苦さ、嫌な喫味はしません。

 

それなのに血管が収縮するようなタバコ特有のキック感、ニコクラはかなりします。

 

グリーンティーのシャグを手巻きで火を付けて吸うよりかは、雑味のないシャグの味は感じられ、優しい喫味ですが、人によっては喫味が物足りないって思うかも知れません。

 

 

ブラックマンバのデメリット

 

シャグ選びが難しい。

 

IQOSやgloなどはたばこスティックのフレーバーは何種類もないので好きなフレーバーを見つけやすいけど、シャグとなるとかなりの種類があるのでお気に入りを見つけるまでが長い旅路です。

 

IQOSやgloはフレーバー選びに失敗しても20本で済むけど、シャグとなると一袋でだいたい40回〜50回分は吸えるので失敗したら大変です。

 

喫煙後のシャグを取り出すのが面倒。

 

シャグが入れやすいんだけど、吸い終わって逆さにして本体を叩いてもシャグが出てこなくて描きだす必要がある。

俗に言うシャグポンが出来ないのが少し面倒ですね。

 

フル充電で5、6回しか吸えない。

 

内蔵バッテリーが1600mAhと容量が少なめで、喫煙温度を上げれば更に回数が減ります。

4000円台のローエンド機だから仕方ないって思えばそれまでですがね。

元々、自分は自宅で使うつもりでブラックマンバを購入したのでマメに充電しています。

 

 

シャグが売っている場所が限られる。

 

自宅近辺ではシャグを取り扱っている所はセルフのガソリンスタンドだけ。

 

しかもシャグの種類が少ないので、車で30分かけてドン・キホーテに買いに行くか、送料がかかるネット通販で買うしかないのが痛い所です。

 

耐久性が未知数。

 

バッテリー内蔵式なので劣化しても交換は出来ないし、機種そのものの耐久性が気になるけど、まあ3ヶ月くらいは持ってくれれば御の字って感じですかね。

 

バッテリー交換式のハイエンド機になると値段は高くなるので懐との相談となるけど、そこまで行くとコスト回収にかなりの時間がかかってしまいます。

 

 

まとめ

 

4000円代のヴェポライザーとしては評判通りに、喫味が出る部類に入ると思います。

 

ローエンド機の中でもシャグから出る蒸気を吸うので熱かったり、舌や口髭を火傷してしまう機種もある中でブラックマンバはうまく蒸気が冷やされて、適温で吸える所が地味に気に入ってます。

 

ブラックマンバを使った感想ですが、こればかりは実際に使ってみないと分からないってのが正直なところ。

 

個々で変わってくるかなぁと思います。

 

喫味が合わない・・・。

アイコスの方がしっくりくる・・・。

手巻きにした方が美味い・・・。

など・・・。

 

自分はタバコのコストを下げる、手巻きが面倒な時、シャグ本来の喫味を味わいたい目的でブラックマンバを買ったので満足しています。

 

 

家ではブラックマンバを使って、外出時にはgloを吸って、と使い分けしてるんですが、JTの加熱式タバコのプルームSが気になって仕方ないんだよな・・・。

 

 

 

ではタバコは20歳になってから。

 

 

コルツ グリーンティーを買ってみた。[シャグレビュー]

タバコ増税でまた手巻きに戻ろうかなぁと思いつつもgloがラクちんのせいか思考停止に陥ってしまいました。

 

コストと手間のせめぎ合いの攻防って訳で重い腰を上げてシャグを購入しました。

 

先のインフルエンザの間、タバコは吸わなくても平気だったと言うか吸える状況じゃなく、そのまま禁煙成功かと思ったんだけど、また吸い始めてしまった。

 

まあ趣味と言うか、生活にハリをもたらすと言うか、一服する事でヤル気が湧いてくるって完全にヤニ中ですね。

 

 

久しぶりにDQNの巣窟ドン・キホーテに行ったついでにコルツ グリーンティーのシャグを購入した。

 

コルツの中でも人気のあるシャグで、ドン・キホーテでは1番人気らしく、各所色んなレビュー見ても割と評価が高く、気になっていたので初めて購入してみた。

 

 

コルツ グリーンティー

 

バーレイ葉、ヴァージニア葉、オリエント葉のミックスされた海外のグリーンティーをモチーフにした着香系シャグ。

 

 

価格 950円

40g入り

デンマーク産

ペーパー50枚付き。

 

f:id:chhgw435689:20190129212526j:image

 

f:id:chhgw435689:20190130163450j:image

 

 グリーンティーって緑茶って事だろって開封したら紅茶の香りに近い。発酵したような紅茶のような香りがするけど、それほどキツい匂いではなかった。

相変わらず茎が目立つのは仕様ですかね。

 

f:id:chhgw435689:20190130163510j:image

コルツのフリーバーニングのペーパー50枚付き。

 

フィルターは付属していないので別に買う必要がある。俺もそうだけどハンドロール(素手で巻く)が上手く出来ない人は巻き器があると簡単に巻ける。

 

 

巻いてみる。

f:id:chhgw435689:20190130163949j:image

節約の為スリムで巻いています。

 

シャグが細く長いので、ハサミで切って短くするとラクに巻けます。

 

スリムで巻くと付属のペーパーでは足らなくなるので予備ペーパーを用意する必要がある。

 

吸ってみる。

 

第一印象はすごく軽く感じる。

 

ニコチン2、3mgくらいのタバコを吸っている様なカンジ。スリムで巻いているからかもしれないが。

 

やっぱり緑茶よりも紅茶の風味に近く、ほんのり後から柑橘系?レモンの様なオレンジの様なの香りもするが、それ程強い紅茶感はしなくて、意外とクセもなくスッキリと爽やかな感じで吸いやすい。

 

 

 

まとめ

 

コルツ グリーンティーは手巻きで吸ってみると紅茶の香りと若干の柑橘系っぽい香りがして吸いやすく、ちゃんとタバコらしい風味やコクもある。

 

グリーンティーってもっと個性があると言うかクセの強いタバコを想像していたけど、喫味は強くなく、軽い方の部類に入ると思う。

 

個人的にはクセが無く、少し物足りなさを感じるのでメンソールフィルターとの組み合わせで吸っています。

 

 

シャグを手巻きで吸ってみると、タバコの本来の風味や香りを感じられて、やっぱりBOXやgloよりは美味いなあと思う。

 

 

 

タバコは20歳になってから。

 

個人評価  ★★★★★★★☆☆☆ 

 

ECWCS GEN 3 LEVEL 3 フリースジャケットはインナー、アウターにも使える万能なフリース。

 

ロスコのECWCS GENERATION 3 LEVEL 3  フリースジャケットを買った。

 

ミリタリー系のフリースで、柔らかくて暖かく、インナーやアウターにも使えて、どんなファッションにも合う1万円弱で買えるフリースジャケット。

 

ECWCS(エクワックス)とは?

web.goout.jp

 

拡張式寒冷地被服システム、(Extended Cold Weather Clothing System)の略称。

 

アメリカ陸軍が開発した防寒被服システムの事で、レベル1からレベル7の組み合わせによって様々な気候変化や気温変化に対応できる仕組み。

 

レベル1が肌着で、レベル7がオーバージャケットになっていて、現代では第三世代にまで進化している。

 

つまり、第三世代の防寒システムとして3枚目に着るので、

ECWCS GENERATION 3 LEVEL 3  フリースジャケットと言う長い名前になっている。

 

実物(本物)かレプリカか?

 

ミリタリー系のウェアは実物(陸軍で実際に使用された物、納入された物)とレプリカ(複製品)がある。

 

実物、レプリカを含むミリタリー系ウェアは実用性が高くと言うか実用性のみを追求いていて、アウトドアブランドの物より安く手に入れられるのが最大のメリットなんだけど、

 

最近では人気若手俳優ごときやら、ファッションyoutuberがLEVEL7を着た事により特に実物がかなり高騰し、そしてメルカリでも高騰しており、さらにミリタリー系ウェア全般的に実物やUSEDの値段が高騰してしまっている。

 

かなりの迷惑を被っているのは俺だけじゃない筈。

 

 

10年くらい前には中古実物ECWCS ゴアテックス製パーカーが1万円しないで買えたの思いだしたが、ここ最近では状態の良い物だと2、3万に跳ね上がっている状況だ。

 

 

ミリタリー系ウェアは品質の割に高く値段が設定されて(元々作りは荒い。)、オークションでは偽物を実物だと偽って出品され、(出品者も判別が付かない場合もある。)

メルカリではアホな出品者がレプリカ新品でも定価以上で出品してやがる。(レプリカ買うならネットショップの値段の方がまだマシ。)

特にUSED品はネットだと状態が判別しにくいので買うのがギャンブルに等しい。

 

 

最初、USEDの程度の良い物を買おうとしたが、頭を撃ち抜かれて体は無傷な死体から剥ぎ取ってきたかも知れないし、別の得体の知れない何かが付属品として付いてきたら?

なんて思ったら怖くなり、結局ロスコ製レプリカの新品を購入した。

 

 

 

ディテール。

 

f:id:chhgw435689:20190113190539j:image

色はFOLIAGEと言うグリーン。

身長175cmで、ゆったり着たいのでMサイズにした。

 

胸のマジックテープは名前、部隊等のマークを貼る為のものです。

 

実物の生地はポーラテック社製が使われているがロスコ製はポーラフリースと言うパクリ生地が使われている。

 

でも表面は一般的なフリースより毛足の長く直毛で、ホワホワで肌触りが良く、かなり柔らかい。

毛の1本1本が光沢があり反射して写真で見るよりかなり明るく見える。

 

 

f:id:chhgw435689:20190130163305j:image

首と肩と肘から下の酷使する部分にナイロンの補強がしてある。ライフル担いだり、ほふく前進する為か。

 

f:id:chhgw435689:20190129211814j:image

脇腹にはグリッドフリースと言ってストレッチ性のあるフリースが使われている。

 

f:id:chhgw435689:20190129211824j:image

顎にはファスナーが直接当たらないようにガードがあり、寒い日にも冷たく感じないようになっている。

ファスナーは安心のYKK・・・ではなくYBS製

 

 

f:id:chhgw435689:20190130163322j:image

f:id:chhgw435689:20190129211838j:image

 

外側にハンドポケット、内側にメッシュポケットが左右、2ヶ所ずつある。

 

 

 

着てみる。

f:id:chhgw435689:20190130163347j:image

 

何というかミリタリー系ウェアってシルエットが野暮ったい感じがいい。Mサイズで中に着込んでもま~ま~ゆとりがある。

 

最近オーバーサイズの物を着るのが定番化してきたが、流行にハマるサイズ感になっているんではないか?

 

気になる所。

f:id:chhgw435689:20190202051430j:image

 

作りが雑って感じ。

 

縫製終わりの処理が甘い所がある。特にファスナーの裏側。後は糸が飛び出ている所もあるし、フリースの繊維がよく取れる。まあそれも仕方ないって思えるのがミリタリー系ウェアの特長だ。

 

まとめ

 

レプリカを含めてミリタリー系ウェアの利点は何と言ってもアウトドアブランドよりコスパが良く、実用性を最重視している点。

それに外側にはブランドタグが無いことでスポーティーになり過ぎず、シンプルで人と被りにくいのが良い。

 

フリースジャケットは柔らかく、肌触りの良いが、悪く言えば芯が無いが、意外と着たらユニクロのフリースよりは暖かく優しく感じる。

 

それにいくつにになっても着れるデザインで、誰が着てもサマになるので、アメカジ、古着、アウトドア、どんなスタイルにも合わせやすく着回し出来るのでかなり重宝している。

 

もう実物とか拘らずレプリカでもいいやって思ってしまうくらい出来は良いと思う。

 

わけわからない芸能人だかYouTuberが着たっていいが、ネットにはアップせず、個人的に着てくれって感じだ。