ヨコカラログX

より広くより浅くよりテキトーに。

US ARMY M-65 フィールドパーカー(実物のリサイズ品)を買った。

 

前にレプリカのecwcsのフリースを買って、

 

side8001.hatenablog.jp

 

やっぱりレプリカはレプリカ。

 

実物、オリジナルの醸し出す雰囲気とかサイズ感、生地の質感、当時の染料の経年変化の何ともいえない色味は出せない。

 

もう製造していない実物はコンディションが良い物はだんだんと減りつつあるし、レプリカはいつでも手に入れる事が出来ると思い、

 

夏以外着れるミリタリー系アウター、M-65フィールドパーカを手に入れた。 

 

 

M-65 フィールドパーカとは?

 

M-65 フィールドパーカは1965年から製造され、ベトナム戦争時1968年辺りからアメリカ軍で配備された防寒用パーカです。

 

 

 極寒気候下でM-65フィールドジャケットに重ねて着用される。

 

 

アメリカ軍が経験したことのない極寒地で、通常の装備の上にレイヤーシステムを作る必要性から生まれたのが「M-51」で、

 

ちなみにM-51はレインボーブリッジを封鎖出来なかった某刑事がレプリカを着ていた。

 

M-51の後継モデルがM-65。

 

M-51がフードが固定されているのに対し、フードが取り外しが出来て、生地がコットン100%からコットン、ナイロン混合になり軽く、撥水性、速乾性,耐久性がアップされたモデルになります。

 

M-51とM-65もモッズコートと呼ばれていて混合されているが、モッズ達が着ていた物がM-51で、後継のM-65が主にフィッシュテールパーカと呼ばれ、某バンドが衣装で着ていたんでセカオワコートとも呼ばれていた。

 

 

 

見た目。

f:id:chhgw435689:20190323222744j:image

なんでしょう、わかる人にはわかるこのレプリカには出せないこの色。

コットンとナイロン混紡のオックスフォード織りの生地。

 

う~ん、すごくいい。

 

コントラクトナンバー

f:id:chhgw435689:20190323222838j:image

首元のタグで本物の軍放出品かどうか確認できます。

  • 製品名。
  • DSA(アメリカ国防補給局予算)1972年製登録、KINGS POINT MFG. CO.,INCが製造、納入した物。
  • サイズがミディアムで丈がレギュラー。
  • 胸囲37インチから41インチに適応。
  • 製品番号。
  • NATO SIZE 身長170~180cm、胸囲94~104cmに適応。

 

サイズはかなり大きい 。

 

フィールドパーカはフィールドジャケットの上から着る為のコートなので、身幅、腕周りがかなり大きいです。smallでも大きいのに購入したのはmediumです。

 

ちなみにサイズにより値段が変わり、小さいほど高価になっていきます。

x-smallなんて幾らするのか見当がつきません!

 

 

自分が購入したのは、とあるショップがミディアムでも違和感なく着れるようにと、肩からアームホールをリサイズ(細く短く補正)した物です。

 

実際のミディアムだとこんな風に腕周りがダボダボになる。

 

f:id:chhgw435689:20190323220122j:image

 

 

ライナー。(インナー)

f:id:chhgw435689:20190323222803j:image

f:id:chhgw435689:20190323222854j:image

つまりは寒い時にシェルの下に取り付けるインナーです。

 

シェルの内側にボタン、ライナーにボタン穴が付いていて、シェルとライナーを合体させれば当時で最強の防寒性を発揮します。

 

ライナーにもちゃんとコントラクトナンバーが付いています。

 

シェルとライナーの製造会社が違うってのは面白い。

つまりはセットではなく、別々で支給されていたって事だね。

 

フードが無い。

 

フィールドパーカなのにフードが無いって?

 

古着屋などでもシェルのみで販売されていたり、ライナー、フードも単体で購入できます。

逆にフルセット(シェル、ライナー、フードの3点セット。)だと値段が跳ね上がる場合が多い。

 

 フード単体だけなら別途購入出来るし、意外とお安いんです。

 デットストックでも4000円くらいとシェルに比べると破格って思ってしまう。

 

 

 

着てみる。

 

f:id:chhgw435689:20190323220201j:image

f:id:chhgw435689:20190323234815j:image

身長175cmで膝上までの丈で、裾の紐を少し絞ってライナーなしで着るとこんな感じで。

 

デカいっちゃ〜デカい。

 

でも着ているうちに最近のオーバーサイズブームに乗っかってミディアムでも悪くないなって。

 

シンプルなコートって感じでパーカーやキレイ目なシャツに合わせるといい感じ。

 

一見、着た感じは重そうに見えるが実はすごく軽い。

 

一日中着ても肩が凝るような事は無い。

さすが軍モノと言った感じ。

 

防寒性はシェルは布一枚だけだからあまりないけどライナーを付ければ最新のダウン系には負けるが、

 

さすが軍モノ、頼りになる暖かさを保障してくれる。

 

 

 

まとめ

 

M-65フィールドパーカって1965年代の物だけど、着てみると何だかシルエットが新しく感じるし、大きいんじゃないって思っていたが、これはこれで何だか良いんじゃないって思えてきた。

 

レプリカのリンク載せてしまってアレだけど、レプリカも結構いい値段するんでオリジナルの古着か?新品のレプリカか?って迷った。

 

どうせなら本物買った方が後々、ビンテージとしての価値が出てくるかも知れないというヤラシイ気持ちで購入したのは言うまでもない。

 

何時か海外スナップやファッション雑誌LEONの様なミリタリー系アウターが似合うシブいオッサンになりたいが、フィールドパーカの下にカーゴパンツや同色のパンツを穿いてしまうと、

 

ガチなマニアな人になるので着こなしが難しい。