ヨコカラログ

社畜と家畜の狭間でゆれる40代。広く浅くをモットーに綴ります。

アラフォーからの湯シャン(断シャンプー)

<

f:id:chhgw435689:20170305000952j:plain

 きっかけは妻のシャンプーを使っていたら怒られた事から。

「高いシャンプーだから使うな」と。 「小遣いあげているのだから自分で使うのは自分で買ってよ」と上から目線。

 

おいおい、俺が稼いでいる金で生活してるのは誰だよ! 家事もろくにしない無職め!

 

小遣い少ないのにシャンプーまで金が回らんよ。

ネットで検索。 何?湯シャン?金かからないし、抜け毛も気になるからやってみようと。 

 

湯シャンとは?

 

文字どうりシャンプーや石鹸を使わずに湯だけで洗う事。

 

 髪を洗うというより地肌を洗う事らしい。 効果は抜け毛が減る、髪にコシ、ハリ、ツヤが出る、とにかく頭皮と髪が健康になるらしい。 

皮脂と皮膚常在菌が関係してるらしい。 

 

皮膚常在菌とは?

 

 ブドウ球菌、マラセチア菌、アクネ菌などの事で有害な菌から頭皮を守ったりフケや皮脂を食べて新陳代謝を促進して健康な頭皮を維持する菌の事。

 

 菌と言うと汚い、人体に悪いイメージだがむしろ健康な皮膚状態を保つ為には必要不可欠な存在。

 

皮脂を取りすぎて頭皮がダメージを受けると髪の毛を成長させる細胞も弱まり薄毛の原因になる。

 

 

普通に頭を洗う際にはシャンプーが当たり前と刷り込まれています。「シャンプーしないと皮脂で髪がギトギトになる」、「汚い」、「気持ち悪い」と感じる人もいますが、お湯だけでも十分汚れは落ちるし匂いもしません。

 

加齢とともに皮脂の分泌量が減るため、シャンプーで洗う行為は、皮脂を取りすぎてしまう。 

 

要するに必要な皮脂と皮膚常在菌を残した方が頭皮と髪の毛に優しいという事。

 値段の高く、天然由来成分のシャンプーならば頭皮、髪に優しいけれど、そこまで金が回わらん。

 

と、いう事で湯シャンにすれば懐にも優しく頭皮、髪の毛にも優しく、しかも環境にも優しいとなると一石二鳥ならぬ一石三鳥でしょ。

 

 

頭皮の洗い方

 

 頭をお湯で濡らす前に頭皮、髪の毛を頭皮マッサージ用クシでよくブラッシングする。

 頭皮にお湯をかけて充分暖めて余分な皮脂、汚れを浮かす。 (温度は38度位で暑過ぎない程度) 指の腹で爪を立てずに頭皮を円を描くように15分位マッサージするように洗う。 

 

要するにシャンプーで洗っていた時間より長く洗えば気分的にも良いかと。 最後にしっかりと洗いながす。

 

 これだけです。

 

 シャンプーを使っていた時よりもベタつき、さっぱりしないとか気になる方はシャンプーの回数を徐々減らすとかしながら様子を見た方が良い。

あと、ワックスなどの整髪料は水溶性なのでお湯でたいがい落ちます。

 

髪にコシ、ツヤが出てきた。

 

髪1本1本が太くなり硬くなり、髪に自然なツヤと言いますか本来持っているツヤが出てきた。手でさわるとべたつくと言うかしっとりしてます。

 

 くせ毛が多少良くなった。

 

子供の頃から天パで特に前髪がひどく、頭頂部が少しクセがあって横、後頭部はストレートとやる気のない髪質。

シャンプー洗髪では柔らかくなりすぎて余計にクセっていたのがマシになった。 

 

地肌の痒み、赤みがなくなった。

 

シャンプー洗髪しても頭皮がかゆくてフケも多かった。 今、症状を調べてみると頭皮発疹とか皮膚炎だったのかも。 

 

抜け毛が減り、てっぺんの毛が濃くなった。

頭皮.jpg 

見苦しい写真ですいません。ボサボサですが・・・ シャンプー使っていた時の写真はありませんがテッペンは濃くなり、頭皮の赤みはなくなりました。

 

まとめ 

 

自分が使っていたシャンプーには防腐剤、界面活性剤が含まれていて、湯シャンによって 頭皮が元の状態に戻ったという感じ。 

 

子供の頃、アトピー皮膚炎を発症していて、未だ40過ぎても皮膚は弱いみたいで、自分にはシャンプーは刺激が強いみたい。

 

 湯シャンにしてから頭皮の匂いについては、とりあえず家族からはクレームはないし、自分でも感じないので大丈夫ではないかと。 

 

自分と同じ様に頭皮の痒み、発疹、薄毛が気になる人は薬や育毛剤よりもまず手軽にすぐできる湯シャンをやってみてはどうでしょうか?