ヨコカラログ

より広くより浅くをモットーに

gloの新しいフレーバーが紛らわしい件 「neo™ 」450円。

 

f:id:chhgw435689:20180721152800j:image

 

加熱式たばこのgloからまたまた新しいフレーバーが発売されたので買ってみた。

 

加熱式たばこ専用ブランド「neo™ 」

 

 「ネオスティック」じゃなく「ネオ」?

 

まあ「neo™ 」はネイビーの箱と帯の色で差別化されているが、従来のネオスティックなんかは銘柄を一瞬見て「これ」ってわかるようなパッケージにしないのか疑問な所だ。

 

しかも値段は450円!?

30円値上がっとるではないかっ!

 

キャッチコピーが

「加熱式の物足りないをくつがえす」

 

すでに値段でくつがえっています。

 

今まで発売されているKENT銘柄のネオスティックが420円。

 

glo派としての感想はneoに30円余計に払っても吸う程のもんでもないな〜って思った。

 

 

自分、gloメンソール派であります。

 

普段、常喫している銘柄はケント・ネオスティック・ミント・ブースト。

 

f:id:chhgw435689:20180727200054j:image

 

とにかく名前が長く、さらにネオスティックのメンソール系のパッケージが微妙に似ている緑色が紛らわしいが、ミント・ブーストは小さな小さなPCの電源ボタンのアイコンが目印。

 

 

ミント・ブーストはフィルターにカプセルが入っていて、潰して吸うとミントの清涼感が押し寄せ、吸い終わってもスースーして軽い割に吸った感がある。

 

 

neoのメンソール系の2種類を吸ってみた。

f:id:chhgw435689:20180723203547j:image

 

FRESH MIX +

f:id:chhgw435689:20180723203601j:image

ほうほう〜。

 

これはgloメンソの中でもしっくりくる感あるあるね。

 

ネオスティックよりもメンソール系葉タバコの喫味に近くなって、味が濃くなった感アリ。

 

2、3口吸って味が薄くなる従来のネオスティックとは違って3分吸っても煙が出るし、味が持つ。メンソール感はカプセル入りのに比べると弱い。

 

DEAK FRESH +

f:id:chhgw435689:20180723203614j:image

 

吸い始めはグレープ系の清涼感があるが、吸い終わりに近づくにつれて若干の苦さが残る。

これもタバコ感は強いがメンソールは弱め。

 

まとめ

 

従来のネオスティックが吸いごたえがなく、物足りないと言う声、IQOSヒートスティックに対抗してneoブランドを立ち上げたんだろうけど、

 

たかが30円されど30円だが、常喫となるとかなりの死活問題ではある。450円はやっぱ高い気がする。

 

neoが420円で従来のネオスティックと同価格だったらneoってたのは俺だけじゃないはず。

 

ただ、IQOSヒートスティックが460円なのでgloに移行しようって人向けに10円安くしたから、

 

「IQOS捨てて gloに移ってね、gloにするだろ?

(上から目線)」

 

って感じがしてならない。

 

neoを吸い終わり、

高いからもうneoるのはよそう・・・。

 

と、残っていた420円のネオスティックを吸ってみる。

 

スカスカやんけ?

 

neoの味に慣れたら420円の方がなんかスカスカ、カスカスでメンソールでごまかされているように感じてしまった。

 

って事で、neoでしばらく行こうと思う。

450円のneoは高いと感じるか?安いと感じるかは貴方次第。

 

是非、 neoってみてはいかがでしょうか?