ヨコカラログ

社畜と家畜の狭間でゆれる40代。広く浅くをモットーに綴ります。

くるくるたこ焼き【知育菓子(R)シリーズ】を大人が作って食べてみた。

今回の食レポは大人が誰もが食べないと思われる、まったく興味ない物をやってみようと思う。

 

3歳の娘が食わず嫌いの本物のたこ焼きをコレを食べて克服できたので紹介したいと思ったわけだ。

 

くるくるたこ焼き 160円(税別) 

 f:id:chhgw435689:20170927044207j:image

まあ子供がいる家庭ならば一回くらいは買ったことあるお菓子だと思う。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアで売っています。

 

クラシエフーズ株式会社の知育菓子(R)シリーズ

という子供が水と粉だけで自分(親が手伝って)で作る菓子シリーズの事です。

 

ねるね研究室|商品紹介|クラシエ

 

お菓子を通して子供の好奇心や想像力、食べ物を作る楽しさを育むことが食育にもなるし、娘には妻とは違い料理好きになって女子力を上げ玉の輿に乗って俺の老後を安泰にして欲しいと切実に思う。

 

難点はちょっと値段が高い。

投資と思えば安い安い。

 

シリーズとしてはねるねるねるね、グミつれた、たのしいラーメンやさん、おまつりやさん、ケーキやさん、クレープやさん、たいやき&おだんご、ハンバーガーとかなり種類があります。

ねるねるねるねは俺の可愛かった幼少時代からあったから凄く懐かしい気がねるね。

 

同梱内容

f:id:chhgw435689:20170927044240j:image

 

生地のもとタコのもとソースのもとマヨネーズのもと(全て粉末)

トレー、スプーン、ようじ。

 

小麦、卵、乳、オレンジ、大豆、鶏肉、豚肉、りんごが使用されているのでアレルギーのある方は注意が必要です。

 

用意する物

 

水、電子レンジ、こぼしてもいいようにお盆があると片付けがラクです。

 

作り方

 

トレーを切り分けます。

f:id:chhgw435689:20170927044331j:image

水を入れる容器、各粉末を混ぜる容器、たこ焼きの容器に分けます。

 

たこ作り

 

たこの粉末に水を一杯入れ、スプーンでかき混ぜて固まったらタコの型の容器に押し込んで作っていきます。

f:id:chhgw435689:20170927044422j:image

ここで問題が発生します。

 f:id:chhgw435689:20170927044454j:image

f:id:chhgw435689:20170927044526j:image

ぱっと見、イモムシ・・・

 

タコの材料がかなり余るのでたこ焼きにタコを二つ入れてもよし、そのまま食べてもよし。

試しにタコだけ食べてみたら

 

味がないシャリシャリした食感のただの粉の味しかしなかった。

 

 

マヨネーズ作り

 

袋の上を水平に切り、さっき使ったスプーンを使うので洗います。

 

マヨネーズの袋に水を一杯入れてかき混ぜて完成。

f:id:chhgw435689:20170927044607j:image

味はマヨネーズぽいようなすっぱ甘い安いクリーム って感じだ。

 

ソース作り

 

ソースの粉末を容器に開けても水を一杯入れてかき混ぜます。

 f:id:chhgw435689:20170927044701j:image

味は甘いウスターソースみたいでこれはこれで美味いと思う。

 

生地作り

 

生地粉末を容器に開け、水を二杯入れてかき混ぜます。粉末の黒い部分は原料の一部です。

 f:id:chhgw435689:20170927044628j:image

焼きます。

 

たこ焼きの容器に生地を流し込みます。

容器に線があるのでそこまで入れます。

f:id:chhgw435689:20170927044804j:image

f:id:chhgw435689:20170927044831j:image

タコをのせて

 

電子レンジ500wで40秒、600wで30秒加熱します。

 f:id:chhgw435689:20170927044901j:image

 

 火が通り膨らみました。

 f:id:chhgw435689:20170927044929j:image

 

見た目の問題で楊枝でひっくり返しして、ソースとマヨネーズをかけて完成。

青海苔とかつおぶしはついていない。

 f:id:chhgw435689:20170927045003j:image

大人の俺が一個実食してみた。

 

うん、まあ何と言うか・・・

 

生地は味が薄い・・・

美味くはない・・・

 

大人の食うべき物ではない。

 

蒸しパンよりも柔らかな食感でたこ焼きの風味は出でいる気はするがなんか甘い。

そこにソースとマヨの味が強すぎるくらい甘さを主張している。

 

子供の味覚には合っているのだろう。

 

 

まとめ

こういった知育菓子シリーズは子供のお菓子としては高い気がするけど、実際に3歳の娘がくるくるたこ焼きを食べてから本物のたこ焼きを食べられるようになったのは言うまでもない。

 

食べず嫌いな子供がたこ焼きに興味を持つきっかけとなったので買ってよかった。

 

でも、

 

娘、ハンバーガー作りたい〜。

俺、普通に家で本物作ってあげるよ!(てか、本物食べれるでしょ?)

 

娘、クレープやさん買って〜。

俺、ママが作ってくれるって!(てか、本物食べれるでしょ?)

お菓子の方が気にいってしまったようだ。

 

 

広告を非表示にする