ヨコカラログ

社畜と家畜の狭間でゆれる40代。広く浅くをモットーに綴ります。

結婚についての愚痴だ。

<

 

妻の得意技。

メシが不味い。

物が多い。

何でも使えると思ってゴミを取っておく。

たいして必要じゃない物まで買い置きがある。

皿洗いが汚い。

人の話に聞く耳持たない。

 

結婚して10年だ。

結婚について結論付けるなんて早すぎるかも知れない。

時々なんでこんな女と結婚してしまったのだろうと思う事がある。

 

結婚する時は「結婚する。」「しない。」という選択で、「する」選択がその時の自分は良いと思ったから結婚した訳だ。

 

結果、長男、長女にも恵まれ、元気に成長して今に至っている事は自分の選択は正しかったと思うし、妻に感謝している。

 

周りから見れば幸せな家族に見えるかも知れない。

 

結果として妻と結婚した事は良い選択だったのかも知れない。

 

だが引っかかる。

 

自分は幸せかと?

 

 

自分の仕事は朝早く5時には出かける。

帰宅は夜6時〜7時。

拘束時間は社畜

 

子供と少し遊んで、ほとんど冷食の暖めたヤツの夕飯食って家族全員分の食器洗って、風呂入って10時くらいには寝る。

 

休みの日は家族サービス。

 

自分の自由になる時間など休みの前の日の夜くらいしかない。

 

小遣いも少ない。

 

趣味は電子タバコと無料エロ動画と欲しい物をスマホ、PCで見る事くらいだ。

 

 

これが自分の選んだ良い選択だったのか?

 

時間も金も奪われる生活が辛い。

 

あの時「しない」を選択して、今まで独身を貫いていたらどうなっていたか?

 

あの時、結婚すれば良かったと後悔したのかも知れない。 

 

今より生活が悪くなっているのかも知れない。

 

過去が変わる訳でもないのに違う道を選んでいたら?って考えてしまう。

 

何が正解で何が不正解かわからなくなる。

 

まだ答えを出すのは早いのかも知れない。

もう少し我慢すれば光は見えてくるのか?

見えてこないな。自分で照らすしかないな。

 

もう寝よ。